鬱だと思った時は一度カウンセリングを受けてみは如何ですか

医師にも相談を

新型うつは医師への相談が大切です

 うつ病にはいろいろな種類がありますが、症状によって二つに分類できます。一つ目は、「メランコリー型うつ病」です。これは「親和型うつ病」とも言われています。二つ目は非定型うつ病です。非定型うつ病には、逃避型うつ病、ディスチミア型うつ病、新型うつ病があります。非定型うつ病の共通点は、急に体重が増える、過食過眠になる、問題が起きるとすぐに他人のせいにする、責任感が伴う仕事を嫌う、気分の差が激しい、自分の好きなことをしている時は症状が出ない等々複数あります。唯、非定型うつ病は、まわりから我がまま、自分勝手と受け取られやすいので、本人は余計傷つき症状を悪化させてしまいます。  しかし、近年は新型うつを含めた非定型うつ病への研究も増えています。また、専門家による情報発信や啓もう活動などで、新型うつに対しても理解も広がってきています。今までは、わがままな人間というレッテルをはられていた人も、うつの一種ということになれば、治療やカウンセリングを通して治癒することも可能です。新型うつかどうかの相談は、新型うつに積極的に取り組んでいるクリニックなどでするとより適切なアドバイスや治療を受けられます。

まわりの理解と専門家の利用で自分を取り戻せます

 新型うつは正式な病名ではないのですが、言葉として認知されています。医師などへ相談をする場合も、新型うつと言えば理解してもらえます。また、新型うつは若年層に見られるという特徴があります。不登校や引きこもりの原因にもなっていますので、親も含め家族や職場の理解が大切です。新型うつになりやすい人の性格傾向は、まじめ、誠実、几帳面、責任感が強い、思いやりがあるなど人間としての良さをたくさん持っています。ですが症状が出始めると非難の対象になりやすいのです。  新型うつの人は、まわりの理解が得られず苦しんでいることが多いのですが、本人を取り巻く状況の変化が、回復や治癒に大きな影響を与えます。家庭や企業などの組織団体は、専門家のアドバイスを受けながら理解を深め、対策を練るようにすると良いでしょう。また、市区町村などで取り組みを始めたところもありますので、役所などに問い合わせをしたり広報を見て無料相談に行くことも大切です。  相談、診断、治療は自分回復になりますので、専門家の助けを活用すると良いでしょう。治療費は治療内容によりますので、事前に問い合わせをすると良いでしょう。